fc2ブログ
食いしん坊でお酒好きなおひとりさまシニアの旅とグルメと日々のこと
 おとぎの宿米屋にひとり泊~とろとろ美肌温泉に癒やされて
2023年09月07日 (木) | 編集 |

土のおはなしの源泉かけ流しの部屋風呂タイトル用1

おとぎの宿米屋さんのおとぎの泉と呼ばれる温泉施設(大浴場露天風呂)とお部屋のお風呂では、毎分550リットル湧き出る自家源泉を贅沢に100%かけ流しで楽しめます。
52.6度の源泉を冬はそのまま、夏は地下水を加水し、湯守の方が温度調節をしているそうです。

泉質: アルカリ性単純温泉
泉温: 52.6℃
効能: 筋肉又は関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進、自律神経不安定症、不眠症、うつ状態

まず、お部屋のお風呂からご紹介します^^)
湯船には絶え間なく源泉がかけ流されていたので、内風呂のドアを開ければ湯煙りがもうもうとヮ(゚д゚)ォ!

土のおはなしの源泉かけ流しの部屋風呂の扉を開けると3

土のおはなしの源泉かけ流しの部屋風呂の扉を開けると2

土のおはなしの源泉かけ流しの部屋風呂の扉を開けると1

土のおはなしの源泉かけ流しの部屋風呂の扉を開けると湯煙もうもう1

土のおはなしの源泉かけ流しの部屋風呂の扉を開けると湯煙もうもう3

お湯はとろみがあって、凄くしっとりタイプの化粧水みたいな肌触りでした♡ 柔らかくていいお湯 うっとり~♡
ひとり泊なので、入り放題!幸せ~(#^^#)

土のおはなしの源泉かけ流しの部屋風呂タイトル用2

湯船に段差を設けてあったので、腰掛けて半身浴したり、休んだりできたのがなかなか良かったです。ゆっくり、ゆったり湯浴みが楽しめました(^^)v
夜に入った時に撮った写真の方が段差がわかり易いので1枚貼っときますね。

土のおはなしの源泉かけ流しの部屋風呂腰掛けるとこがよくわかる写真

シャワーの水圧も問題なし(^^)
窓からの景色は、、、
見おろすと駐車場ビューですが、見上げれば空が見えるので、問題なしでした( ´∀` )

次は、おとぎの泉 OTOGINO IZUMIと呼ばれる温泉施設の紹介!
大浴場は2箇所(露天風呂の名前がついた「花」と「月」)で、女湯と男湯は毎日入れ替え制。夕〜夜と朝に入れば両方とも制覇できますね(^^)

ひとつの大浴場内風呂2個、ミストサウナ、露天風呂2個がついてて、凄い充実ぶりじゃないですか?
湯量も半端なくて、内風呂の写真は湯煙りもうもうで真っ白だし、露天風呂の写真は撮れなかったので、ホームページからお借りしたのものをご覧ください。
到着日に女性用だった露天風呂「花」付きの大浴場。入口。

おとぎの宿米屋の露天風呂花の方の朱色の暖簾の入口

パウダールーム。広くてきれい(#^^#) 

おとぎの宿米屋の露天風呂花の方のパウダールーム1おとぎの宿米屋の露天風呂花の方のパウダールーム2おとぎの宿米屋の露天風呂花の方のパウダールーム3

水分補給用のお水、クレンジング兼洗顔料、ローションなど、アメニティもちゃんと用意されててうれしい♡

花のパウダールームの洗面台花のパウダールームの飲料水タンク花のパウダールームのアメニティ

湯煙りもうもうの大浴場(*’U`*)

おとぎの宿米屋の湯煙もうもうの大浴場1おとぎの宿米屋の湯煙もうもうの大浴場2

大浴場の内風呂には大湯と小湯があります(ホームページより)

おとぎの宿米屋の大浴場大湯

おとぎの宿米屋大浴場

露天風呂<花>(ホームページより)
「岩風呂」と「勾玉の湯」が特徴の「花」。

おとぎの宿米屋露天風呂花

翌朝、女性用だった露天風呂「月」が付いてる方の大浴場。入口。

おとぎの宿米屋の露天風呂月の方の朱色の暖簾の入口

パウダールーム
パウダールームは2ケ所とも同じ感じでした。

おとぎの宿米屋の露天風呂月の方のパウダールーム1おとぎの宿米屋の露天風呂月の方のパウダールーム2

露天風呂<月>(ホームページより)
「岩風呂」と「ヒバ風呂」が棚田になった幻想的な雰囲気の「月」。

おとぎの宿米屋露天風呂月 

利用しませんでしたが源泉ミストサウナもあります(^^)
壁一面を流れ落ちた源泉が床に滔々とあふれ、天井からも源泉100%の
ミストが降り注ぎ、頭から足先までまるでとろとろの美容液を全身に浴びているかのようですって、、、凄く気持ちよさそう。温泉に浸かる前に浴びると汗をかきやすくなり、さらにリフレッシュできるそうですよ。また行く機会があったら、利用したいです。

最後に足湯(足遊・飲遊)
夜のうちに雪が降ったらしく、地面や樹木が雪化粧されていていい雰囲気(^^)

おとぎの宿米屋の足湯周り1おとぎの宿米屋の足湯周り2

足湯は、30~40分程じっくりと、鼻の頭にじんわり汗をかくくらい入るのが効果的だそうです。足拭き用タオルも用意されてました。

おとぎの宿米屋の足湯の湯船

胃腸に良いとされる飲める温泉(飲泉)はおちょこ一杯分程をいただくのがおすすめです。
その飲泉のそばに鎮座してるのは「およねちゃん」いうお地蔵さん。

おとぎの宿米屋の足湯のおよねちゃん地蔵
おとぎの宿米屋の足湯周り2

足湯の横の棚におみくじもあり、賽銭箱が横に置いてありました
(お代は気持ちだけで良いみたい(^^♪)

おとぎの宿米屋の足湯周り3
おとぎの宿米屋の足湯のおよねちゃん地蔵の開運おみくじ

以上、おとぎの宿米屋さんの温泉のご紹介でした。
次はおとぎ会席をご紹介する予定です。
また見てくださいね(^^)/~~~

✿ーーーーー✿ーーーーー✿ーーーーー✿ーーーーー✿
ご訪問ありがとうございます
拍手&クリックしていただけると更新の励みになります(#^^#)
よろしくお願いします  コメントも大歓迎

旅ごはん・外ごはん☆may姉さんの旅と食 - にほんブログ村  
 




関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック